敬老の日の由来が知りたい

main-img

「敬老の日」は祝日法で定められた「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長女を祝う日」です。


1996(昭和41)年に体育の日とともに追加制定された、国民の祝日です。
以前は「老人の日」と呼ばれて9月15日で固定されていましたが、2001年に改正が決まり、2003年から9月の第3月曜日に変更されました。

敬老の日情報サイトを使用する機会が増えています。

敬老の日の由来はいくつかの説がありますが、1947(昭和22)年9月15日に、兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で、村が「敬老会」を開いたことが起源とも言われています。



第二次世界大戦後の混乱期だったこともあり、村長が子どもを戦場に送った親への報いの意味もこめて開催。

55歳以上の人を対象にして、敬老会を開催したのでした。


この催しが兵庫県全体に広がり、1950年に兵庫県が「としよりの日」を制定し、徐々に全国に広がりを見せて行きます。

2003年から日にちが変更されたのは「ハッピーマンデー制度」が導入され、祝日を「第×月曜日」と定めることで連休を増やすことになったからです。

もともと55歳以上を対象にお祝いしていた「敬老の日」ですが、現代では55歳はまだまだ働き盛りでもあり、老人と言うには若すぎるでしょう。



以前は多くの企業が60歳定年制をとっていたし、60歳は還暦という節目ですが、まだまだ元気な人のほうが多いかもしれません。
日本の法令では65歳以上を高齢者としているので、これも一つの目安になりそう。


孫が生まれて「おじいちゃん、おばあちゃん」になったら敬老の日をお祝いするというのも一案です。

敬老の日の最新考察

subpage1

敬老の日のプレゼントの定番と言えば、グルメ系の贈り物です。ワンランク上のスイーツ類は敬老の日のプレゼントにピッタリで、贈り物として高すぎず安過ぎない価格帯となります。...

more

敬老の日の知識を増やす

subpage2

敬老の日にできるだけ贈りたいと考えている人が多いアイテムとして挙げられているのは、お茶です。とはいえ、すべての高齢者が好んでいるわけではないため、どんなお茶を好むのか普段から確認しておきましょう。...

more

これからの敬老の日

subpage3

敬老の日だからと言って、無理して高級品を贈る必要は全くありません。相手に真心が伝わるような物をプレゼントすることが重要です。...

more

ためになる敬老の日

subpage4

敬老の日は9月の第3週目の月曜日に設定されている、国民の休日です。父の日や母の日は祝日ではありませんが、この日は祝日にされていることから、軽く考えるべきではありません。...

more