敬老の日はどうやって祝うべきか

敬老の日は9月の第3週目の月曜日に設定されている、国民の休日です。


父の日や母の日は祝日ではありませんが、この日は祝日にされていることから、軽く考えるべきではありません。

有名な敬老の日に関連した書きかけ項目です。

高齢者は長きにわたってさまざまな形で社会に貢献してきた分、尊重される必要があります。


近年では敬老の日には町内会や老人ホームでお祝いの儀式が行われるケースが多いですが、できれば家族で長年の貢献に感謝し、これからも長生きして欲しいという願いを伝えたいところです。


さて、敬老の日の祝い方ですが、色々と配慮しなければならないポイントがあります。
仮に、そのお年寄りが喪中であったり、大切な友人に先立たれてしまっている場合、お祝い事の要素はできるだけ排除した方が良いとされます。

ですから、感謝の気持ちを伝えるのが基本になります。


プレゼントについても死を想像させるようなものや縁起が悪いものは避け、派手なものを贈るのも控えた方がベターです。


一緒に食事をしたり、話をするなど時間を共有することが大事になるでしょう。

プレゼントは49日を過ぎた時などのタイミングで、改めて行うのもおすすめです。



また、プレゼントの内容によっては年寄り扱いされたと不快感を与えてしまう場合もあるため、チョイスは慎重に行わなければなりません。



老眼鏡や補聴器、杖などお年寄りを連想させるようなアイテムは回避した方が無難です。
さらに、若返りをイメージさせるような健康食品などで気分を害してしまうケースも考えられます。

つまり、相手の立場に立って祝ったり、感謝の気持ちを伝えることが敬老の日にすべきことです。


ですから、日ごろから連絡を密に取って近況を把握しておくことが大事になるでしょう。